感染経路を突き止め自分に適したソフトを使おう

サイトマップ

トップバナー

セキュリティーソフトを過去の感染経路から選ぶ

更に安全な状態でパソコンを

ウイルスに感染した経験を持っている人は、次に同じ過ちを繰り返さないためにも感染した経路をきちんと理解し、突き止める必要があるのです。それを理解すればその経路からきちんと守ってくれるセキュリティソフトを見つけることができ、更に安全な状態でパソコンをすることができます。

メール

感染経路としてよく見受けられるのはメールではないでしょうか。メールを開いただけで感染するケースも多くあるのですが、多くの場合は添付ファイルを開いた際に感染するタイプのウイルスのようです。差出人が不明のメールであれば、開く前に捨ててしまえば、防ぐことが出来ます。

その中には悪質なものもあり、会社名を偽ってメールを送信する業者もあるのです。その場合には添付ファイルを開いてしまうこともあるでしょう。メールのプロテクトを重視しているセキュリティソフトであれば、こういった誤って開いてしまったファイルなどから侵入するウイルスを防ぐことが可能になります。

ホームページの閲覧

ポイント

感染経路として次に多いのは、ホームページの閲覧とファイルのダウンロードではないでしょうか。こういったことに関しては、インターネットをよく利用する方、今までいったことのないページに良くいく方、ファイルのダウンロードをよくする方が多くいると思います。

ダウンロードのセキュリティがしっかりしているソフト
モニタ

こういった条件に当てはまる方は、対策としてホームページからの感染に強い、 ダウンロードのセキュリティがしっかりしているソフトを選ぶ方が無難だと思います。そのほかにもUSBメ モリやリムーバブル記憶、ファイル共有ソフトなどからの感染が多くみられるので、きちんと守りましょう。 共有ソフトなどは非常に便利なのですが、セキュリティ面の落とし穴もあるのです。それを狙ったハッカーなどが 多くいるのも実情なのです。

セキュリティソフトの選び方の基礎的知識